毛の種類とホルモンについて。

ミュゼ津田沼

ホルモンのバランスが崩れてしまうと、ムダ毛の状態がかわる事ありますよね。女性では、閉経に近づいてくると顎髭が生えてきたり、濃くなったり、妊娠で、ムダ毛の濃さが変化する話は有名ですよね。女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの二つに代表されるホルモンです。男性ホルモンは、テストステロンに代表されるホルモンです。

 

男性ホルモンには男性型脱毛症や多毛といった性特有の症状があります。ホルモンバランスが崩れて、ムダ毛が濃くなる理由の1つがこれです。元々、女性の約半分の女性ホルモンを、男性は持っていますし、女性は男性の約10分の1の男性ホルモンを持っています。ただし、ホルモン量や感受性、遺伝などの様々な要素で、性毛の表れ方や成長には個人差があります。

 

性毛とは、体臭の発生源であるアポクリン汗腺が存在することと、毛包の組織が強いのが特徴です。毛が全体的に太く、生える方向もバラバラで、第二次性徴にともなって生えてくる、脇毛や陰毛のことをさします。男性の場合には、アゴや胸の毛やスネ毛も含みます。性毛は、毛周期が1〜2年と長いために、脱毛をするにも、長期間が必要となってきます。

 

性毛以外のすべての毛のことを、無性毛といいます。眉毛や睫毛、大部分の頭髪(側頭部・後頭部)は性ホルモンに影響されにくい部分です。毛周期も短く、短期間で脱毛が終了します。

 

ミュゼ津田沼のカウンセリングは無料です。色々と毛のことも相談に乗ってもらえるので気軽に予約してみましょう。